自身の存在価値を認めよう

IT業界の多忙を極める日々の中でどのような目標を掲げていくかによって程度の差こそあれやりがいが生まれていきます。やりがいを感じて仕事をするに当たって単純に好きだからである以上に、その仕事によって会社にどのような貢献がされていって影響を与えているのかをイメージしながら、自分のやってきている仕事の正当性を模索しながら仕事に対しての意味を再確認してきているのです。

やりがいを通して必然的に生まれてくるのは自分が会社に必要とされている存在価値です。その価値は、例えば働いて給料をもらうこと以上に貴重なことなのかもしれません。給料の発生が無いボランティアを例に取ると無償の貢献でありながら手を差し伸ばしていった自身が困っている人に対して役に立つことができたという満足感を得るとする一連の流れが最たるものだと思います。

それだけ自身の存在価値を認めてくれるということは困った人を助けたいという気持ちとの兼ね合いの下に、自身が貢献していく途上であった立ち位置においての動き出す前からの脱却になるからです。人に尽くすことは利害関係を抜きにしたときに最も分かり易い形となって表れていくのです。

人に喜ばれることが自身の内面から滲み出す人間的な美しさを認めてもらうことに等しいからです。私達の生活とも直結する携帯機器を製造しているIT業界の人達にもやりがいを持っていただくことは「皆の喜ぶ顔を見るために」というメッセージを抱いていくこととなって、その想いが良い製品を作ることにも関係していくのです。

ただし、やりがいだけで報酬が発生しないと生活が苦しくなるのは否めないでしょう。もし、やりがい重視で考えたとき、自分が望む働き方が独立であったとするなら、それも良しだと思います。ただ、出切るだけ高額な求人に目をつけることが生活にゆとりをもたらすこととなるのではないでしょうか。

Leave a Reply