譲れない条件とは

IT業界の日勤勤務を希望している人とは、シフト制の勤務形態で発生するであろう時間の入れ替えによる体への負担を考慮した特別手当の支給によって、基本的な給料への上乗せによる箔付けには毛頭考えには入れていないというわけなのでしょう。

そうした特別手当を貰ってまで働く価値観は人によってそれぞれ意見が異なりますので、一概には言えません。しかし、少なくとも日勤を希望しているか、或いは今現在日勤を続けていて、これからもずっと変わらずに今の勤務体制で仕事をしたいという彼らにとっては、変則的な時間帯で労働することによって引き起こされる体の負担を避けて、決まった時間に休息して労わることの重要性を優先したのだとする、極めて明快な答えを返してきそうです。

ITの仕事のイメージは、デスクに向かい合って殆ど座りっぱなしという印象があります。
また、仕事中の体の動きが少ないことから、運動量の消費がそれほどなされていないということなので、その分だけ仕事の終わったときの軽い体操をするなりして体のケアをしていく必要があると思うのです。

なので定時にあがってスポーツジムなどで軽い汗を流すようなことをすれば、一日の運動量の不足分を補えると考えています。

結論として、日勤希望の彼らは定時に仕事が終わった後は前述の仕事上の関係から凝り固まった体をほぐすためにジムに行くことに限らず、何らかの手段で少なくとも仕事をしているときよりも体を動かすことを心掛けているのだろうと想像するのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です