IT関連企業で必要な資格

IT関連企業にて資格があるかないかで、任される仕事も支払われる給料も変わってくることがあります。
IT関連にて利用する資格はさまざま。
ワープロ検定試験やパソコン検定試験、その他マイクロソフト検定や、最近ではITパスポートなどの国家試験もある。

資格があると無いとでは、かなり違うと感じます。
「私はパソコンができる」という資格のない人よりも、資格を持っている人のほうが
その技術を証明できるものとして信頼度もあるために、有利だからです。

その資格以外にも、今までの経験なども評価対象となることがあります。
たとえばコールセンタースタッフの募集の場合、直接「コールセンタースタッフ」の経験がなくても
何かしらの接客業の経験を参考にし、面接などの応対面を見たりもする。

なにも経験をしてきていない人よりも、接客の経験をしてきた人のほうが
圧倒的に、人と接することに慣れており、有利に業務をすることが可能でしょう。

また、資格があることで資格手当があることもあり
様々な資格を活かし、手当ももらい、結果年収が上がっていくのだと思います。

この業界で上を目指すためには資格は不可欠で、資格を持つことで
他のライバルに差をつけることができるでしょう。

しかしながら、資格というのは簡単に取得することはできないもの。
自分で時間を作り、努力をして資格を取得することができるのではないでしょうか。

資格を取る為にはプライベートな時間を多く使わないといけませんよね。
資格を取ることができれば、仕事をする上で有利になる。どちらを選ぶかは考え方次第であると言えるでしょう。

ただ、一つ言えることは資格を取得しておくことが、年収アップに繋がる可能性が高いことではないでしょうか。
であれば、サラリーマンもフリーランスも取れる資格はたくさん取っておくことが望ましいのではと思う今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です